2010年11月07日

11月7日〔土曜日)に木町祭りの会合がありました

祭りの会合が寿し宏でありました。次の祭りの団長さんを選ぶ会議でした。お祭りの団長をやる事は、木町で生まれ育った人には人生の目標です。しかし簡単ではないと思います。役は薬にて躍なりといいます。団長になるかならないかは、丁度めぐり合わせもあると思いますが、自分自身が成長する体験を沢山できるチャンスだと思います。団長になる秋田君は、色々本当に大変だと思いますが、3年間で自分がどれだけ成長できるか、いやな事も良いことも全てが自分を高めてくれるものですので、木町が楽しく明るい祭りが出来る様に頑張って下さい。
2010110620530000_320.jpg
posted by なるちゃん at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 成島実(鉄筋屋の親方の気持ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

老いについて

最近自分の親が亡くなって良かったと言う声をやたらと聞く、そして平気で人に話している人が多い。確かに飛躍的に寿命が延びて、痴呆症や寝たっきりだと大変な事だと思う。私の両親も母親が兄貴夫婦に随分お世話になった。私は今は健康で何でもできるが、歳をとったり病気で寝込んだりしたらどうなるか? ある友達は明日死ぬかも知れないので、だからやりたい事をすると何時も言っている。蟻とキリギリスの話みたいだ。子供や孫達に好かれるのは、今の世の中は金を持っていて元気なお爺さんだと思う。病気で金の無いお爺さんはまだ生きているのかと言われると思う。自分が思っているのでそう感じるかもしれない。親子の仲が悪いともっと感じると思う。葬式にでる事が多くなった年齢であるが、喪主さんの安堵感と寂しさが入り混じった葬式が多い。うまく歳をとる非常に難しい問題である。頑張って生きて皆に惜しまれつつ死んでいく是が理想かなと思う。最近こんな事を良く考えるようになった。
posted by なるちゃん at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 成島実(鉄筋屋の親方の気持ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

木町を良くする会KYKが藤枝市こもれびの道のパンフレットになりました

藤枝市の正式な瀬戸川こもれびの道(秋)のパンフレットにKYKのイベントが載りました。会員が頑張って腕を磨いています。子供達と愉快な仲間と楽しい一日が送れますように頑張りましょう。
2010092116190000_320.jpg
posted by なるちゃん at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 成島実(鉄筋屋の親方の気持ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

焼津水産高校PTAの集まり

焼津水産高校のPTAのOB会がありました。大井川の自衛隊祭りの時に、良くご馳走になった小林さんのお宅でありました。水産高校に行っていた息子はもう大学4年生で来年就職です。早いもんですね、もう現役のPTAの方は殆ど知りません。年にPTAの仲間の人達とは何回とお会いすることが出来ますが、皆さんますます元気ですね。皆さんは今でも楽しく水産高校を見守ってくれています。でも焼津水産高校は良い学校ですね、他の県の水産高校は普通科と合併して殆ど海洋高校になっています。県の予算と生徒が減ってきたことが原因でしょう。水産業が盛んな千葉県も3高あった水産高校は、いまひとつに合併したと聞きます。たしか昔お世話になった秋田の男鹿水産も海洋高校になっていると思います。焼津水産高校は規模も生徒も日本一ですよ、OBが確り高校をサポートしてくれています感謝ですね、学校の周りの水産会社は殆ど水産高のOBですよ。PTAも会を作って応援しています。新しい船も出来ました、日本の水産業を背負っていく人材を育てて下さい。今日は本当に楽しいPTAのOB会でした。
posted by なるちゃん at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 成島実(鉄筋屋の親方の気持ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

母の四十九日に行って来ました

7月17日に亡くなって母の四十九日に行って来ました。叔父さん、叔母さん、従兄弟と色々な思い出話をしてきました。親戚で旅行に行った時の話、商売の話、子供の話、健康の話、特にもっと痩せろと皆さんに言われました。親戚の皆さんに心配をお掛けしまして、物凄く反省をしています。叔父さんたちも頑張って生きてきて、人生いろんなことがありましたが、元気でやっておられるのが嬉しいことです。親戚の方にも最近は会うことも少なくなりました。母を生前励ましてくださった、叔父さん達親戚の方々には感謝にたえません。また生まれた家を確り守ってくれた兄貴夫婦にはお礼を申し上げます。親が不憫な生活をしなくて、人生を全うできたのも兄貴夫婦のお陰だと思います感謝します。こう言うときにしか、親戚の方々と会うこともありませんが、まだまだ私は、やることがたくさん有りますのでもう少し頑張ります。
posted by なるちゃん at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 成島実(鉄筋屋の親方の気持ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする