2018年11月06日

保護司になって10年

保護司になって10年経った、本当に色々な体験や勉強をさせて頂いた、人は皆、幸せに生きようと思っています。家族や友人達とも仲良く、温かい関係を作って生きようと思っています。しかしちょっと違った環境や自分の弱い意志によって、自分が思っている事がどんどんかけ離れて行ってしまう、それによって社会からかけ離れて、生きて行かなければならない事になってしまう、、私が担当してきた人達は皆、少しの道を外れてしまった、しかしやり直しの人生を頑張って生きようとしている。保護司になって最近思う事、彼等の事を色々考えて、どうしたら人生をしっかり再出発できるか、どうしたら良い手助けが出来るか、自分が生きて来た経験では、彼等に当てはまる的確な助言が出来ない。しかし、色々な方法を保護観察所や市役所の方に教えて頂ける、これは本当に有難いし自分にとって勉強になる、其のお蔭で、今まで知らなかった事がいっぱい分かってきた。保護司は対象者の皆さんと共に勉強して、色々な体験をして、更生の道を進める事が出来る力を持たなければならないと思う。保護司活動で、本当にいい経験をいっぱいすることが出来て私は感謝したい。そして何とか更生の道をしっかり歩ませることが出来る保護司にどうしてもなりたい。保護司を通して、自分を成長させて、自分を見る事が出来る、有難い奉仕活動をさせて頂き感謝にたえません。76歳の定年まであと10年、まだまだ色々な経験をさせて頂けると思う、しっかり更生への道を進ませることが出来る保護司になっていこうと思う。
posted by なるちゃん at 17:08| Comment(0) | 鉄筋のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: