2017年10月07日

飽波神社、例祭式典

前夜祭に続き、今日は例祭式典が行われました。総代は裃、着物です。座っているのが大変でした。
DSC_0001_320.jpg
浦安の舞、本当に頑張ったと思います。長い間の練習が大変だったと思います。
DSC_0002_320.jpgDSC_0003_320.jpg
大勢の方が飽波神社例祭式典に来て頂きました。北村市長さん、井林前衆議員さん、落合県会議員さん、佐野県会議員さん、KYKの仲間である西原市会議長さん、山田組の社長であり商工会議所会頭である山田さん、
各学校の代表、金融機関の代表、自治会代表。各種団体代表の皆さんがおいでになり例祭式典に参加を頂きました。宮司さんのお話では、飽波神社が志太地域では一番古い延喜式内の神社であると言われました。素晴らしい神社の総代に縁がありなれたことを本当に感謝いたします。神社、寺院が大好きな私にとって本当に幸せだと思っています。感謝。
DSC_0006_320.jpgDSC_0007_320.jpgDSC_0004_320.jpgDSC_0008_320.jpg
武者の男の子が可愛かったな〜、私の息子の弘国が武者をやった頃を思い出しました。長女と次女は浦安の舞を舞って本当に有難いことだと思っています。これも亡き成島の親父の話ですが、百姓で貧しくて自分は武者の姿を本当に羨ましかった、孫の男の子には絶対に、武者にさせたいとの気持ちがあったそうです。本当に親父さんには感謝です。飽波神社の総代を親子でやれたのも親父のお蔭だと思っています。
DSC_0005_320.jpg
今日は担ぎ神輿の元気のある青年が200人以上集まって神輿を担いでくれます。総代の皆さんが明日の神輿渡御の飾りつけを行いました。皆さん明日頑張りましょう、今日は早く寝て体を休めます。
DSC_0010_320.jpgDSC_0016_320.jpgDSC_0015_320.jpgDSC_0018_320.jpgDSC_0013_320.jpgDSC_0011_320.jpg
伝統をしっかり憶えなければなりません。不器用ですが色々やってみようと思います。自分でやってみないとだめですね、人に頼ってばかりでは何十年役をやっても出来ません。
DSC_0014_320.jpg
二日目の式典が終了してホッとしています、明日はきつい本番です、10キロ以上歩く渡御です、裃を着て大変だと思います、皆さん気合を入れてやって行きましょう。
DSC_0020_320.jpgDSC_0024_320.jpg

posted by なるちゃん at 16:31| Comment(0) | 鉄筋のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする